校正例

実際の校正例を掲載いたしますので、ご参照ください。無料の翻訳ツールではなく“人”が行う校正に、どんな利点があるのか簡単に説明させてください。

単純なスペルミス

Restaurant, Drink, Appetizer, Saladなどメニューに大きく表記される文字のミススペル

上の写真はBlack Peppr Sauce Crabと言いたかったのでしょうが、Crab以外全てスペルミスです。

PancakeをHotcake、Soft-serve ice creamをSoft cream、French FriesをFried Potatoes など和製英語と混同してしまっている訳なども多く見受けられます。

Fry(揚げる)とFly(ハエ)は頻出の間違いです。

 

翻訳ツールでよくある間違い

わらび餅=Warabi rice cake X

餅はrice cake と訳されますが、わらび餅はわらび粉で作られていて、米は原料に含まれません。アレルギーなどを持っている外国の人に、こういった表記の間違いは大事を招きかねません。


たこやき=Grilled Octopus X

そのまま変換すると上記のようになってしまいます。日本食の認知度が上がり、最近ではSushiと同じようにTakoyakiと表記されることが多いです。大事なのはWhat is “Takoyaki”?と聞かれたときに、的確な説明ができるかどうかです。PLATE IT UPの校正は、考えうる質問や、求められる説明などを一言アドバイスとしてテキストに添えさせて頂きます。

上の写真のやみつききゅうりは恐らく直訳したのでしょうが、「中毒症状のあるきゅうり」と訳されてしまっています。


英語が得意な方が校正に携わっていても見受けられる間違い

複数形、大文字・小文字、theなど

一番よく見受けられる間違いは、こういった細かい表記の部分です。


前菜 : 本日のお造り 本マグロ、つぶ貝、甘えび

サラダ: シェフのサラダ 自家製ベーコン、クルトン, シーザードレッシング

メインディッシュ: 仙台牛フィレステーキ(150g)季節のお野菜と共に


Appetizer : Today’s assorted sashimi : bluefin tuna,conch clamand sweet shrimps

Salad : Chef's salad : House-made bacon and croutons with Caesar dressing

Main : Sendai Wagyu Tenderloin (5oz) served with seasonal vegetables



上記は鉄板焼きのメニューの正しい例です。

海の幸が豊富な日本は、海外に比べると市場に出回る種類も豊富で、適正な名前を選出するのも経験が必要です。

甘エビが2尾以上ならsが付きます。見落としがちですが、もし天婦羅そばのエビ天が1尾か2尾かだったら、そこには大きな情報の違いがありますよね?

形容詞に追加の情報がかかってる場合の”-“はネイティブでも見落としがちです。

シーザーサラダのCaesarは発祥のホテルの名前に由来しているので、固有名詞です。よって大文字になります。

Sendai beefと直訳しても良いのですが、仙台牛の認定を受ける以前に、和牛の認定を受けているので、表記した際により魅力的なwagyuを使いましょう。

フィレでも通じますがtenderloinが一般的です。英語圏、特にアメリカのお客様にはグラム表記よりもオンス表記の方が明確です。

Served, dressed, drizzled, caramelized, braised など、調理工程などを受動態で表すのも忘れてはなりません。





時には文法的に正しい英訳よりも、料理のイメージのしやすさを重視する場合もあります。

大切なのは、皆様の美味しい料理を、お客様が的確に想像して注文をして頂くことです。

校正をする上で、材料や調理工程、時に料理のお写真をお伺いすることがあるかと思いますが、すべてはメニューを読んでいただくお客様が、不便なく、且つ快適なレストランエクスペリエンスを味わって頂くためです。

 

黒板メニューにも対応

もう一つの利点はスピーディー且つ、年払い制なので、英語対応が難しい黒板メニューにも対応できることです。グランドメニューは英字メニューがあっても、「そこのボードには何が書かれているんだい?」などと、外国のお客様に聞かれた経験は少なからずあるはずです。

お急ぎの場合は、その日中の校正も可能な限りさせて頂きます。黒板には「English menu available. Please ask your server」とだけ書いておけば、スペースの問題も解決!別紙に英語表記のものを用意しておけば、お昼休みに日替わりランチを楽しみに来る、近くのオフィスの外国人を新規顧客として獲得できるチャンスです!