英語需要が増える飲食業界


開発競争や価格競争が著しい昨今、海外旅行もまた、格安のLCCの参入や、AirB&Bなどの民泊ビジネスの参入で、数年前よりも遥かに身近なものになりました。
2019年の訪日外国人の数は3000万人を超え、10年前と比べて約5倍の数となっています。
また、2021年の東京オリンピックを控えて、外国人観光客や、新規参入する海外企業も増え続けていることもあり、今まで以上に海外の方に英語での商品説明を求められる機会が増えてきました。

PLATE IT UPは、外国人の接客対応、英語メニューの校正をサポート。自慢のお店の味とサービスを、世界の人々に知ってもらうチャンスを提供します。